駄目人間逹 の Wall Of Death

鬱患者の駄目人間が好きな音楽のコトをダラダラ綴るブログ

Wait And Bleed / SLIPKNOT クレバーなやり口に痺れる

Slipknot

思い出したように、SLIPKNOTの1stからの超人気曲を紹介しておく。彼らのデビュー当時、その強烈なインパクトを経験しなかった人々に、正しくその時の様を伝えるのはとても難しい。なにせ、例えようがないのだから。エクストリーム・ミュージックがそれまで一度も成し得なかったコトをいと簡単に見えるやり方で、軽々とこなして見せてしまったのがコノデビュー盤だった。

こういう書き方をすると、それまで活躍してきたミュージシャンを貶めるかのように感じられるかもしれない。でも決してそういう意図ではないコトだけは判って欲しい。つまり、作品やミュージシャンの質を指して「劣っていた」と評価しているわけではないから。SLIPKNOTのやり方でこんなにも成功した例が、それまで一度もなかった、というだけのコト。いや、彼らのデビュー後にも、同等のインパクトと商業的成功を成し遂げたグループはまだ登場していない気もする。それくらいに、彼らのデビューは「大事件」だったと思うんだよね。

そんな大事件を引き起こしたデビュー・アルバムの中で、一番「ポップでキャッチー」な楽曲がこの曲だったと思う。リズムは比較的シンプルだしサビも判りやすいメロディが存在しているからシンガロングしやすいし、ヒットさせるのに判りやすい構造を内包していた。これは明らかに「狙った」結果だと思う。もちろんLIVEでも人気の曲となったしね。

彼らの狡猾さというかプロフェッショナルとしての質の高さは、こういう部分にも表れていると思うんだよね。普段エクストリーム・ミュージックを聴かないようなリスナーに対しても、きっかけとなり得るようなキャッチーさを持つ、しかし彼らの持ち味やポリシーをぶち壊したりしないレベルに配慮した楽曲を、アルバム毎に最低限1曲程度は収録していたりする。これはイメージ戦略がないままに実行されたコトではないハズ。

このグループには常にクレバーな戦略が見え隠れするのだけど、ソレもまた魅力の一つだ。次はどうしてくれるんだろう、次はどんな方法でわたし達の意表を突いてくれるのだろう、そんな期待感を常に持ち続けている。つまり、エンタテインメントとしてのクオリティが異常に高い、っていうコトなんだと思う。見掛け倒しじゃないから、食わず嫌いせずに飲み込んでみて欲しい。

TOP ▲