駄目人間逹 の Wall Of Death

鬱患者の駄目人間が好きな音楽のコトをダラダラ綴るブログ

Don’t Mind The Ghost / DEADHEADS 新譜パトロールの成果

This One Goes to 11

先ごろ発表された、DEADHEADSの新作から、アルバム2曲目のリーダー・トラックを紹介する。バンド名は、かのGREATFUL DEADファン集団の名称と同じだけど、彼らが信奉者かどうかは知らない。このあたりのコトは改めて書くとして。

これが2018年リリースの曲だというコトに驚きながら、なかなか良いバンドがまだまだ育ってるなあと、老成した気分に浸ってしまう。レイド・バックした音像はもちろん、ルックスから歌声まで、古き良きハード・ロックの原風景を見せつけられる感じ。古きといってもマインドの話ね。シンプルかつストレートな楽曲が、ロックの根っこにある何かを生々しく表現している。

ミックスもなかなかに生々しい。小癪なコトはやってません、と宣言しているかのようだな。こういうバンドは、まず間違いなくライブが楽しいハズ。初見ウェルカムの楽曲群は、その場にいる人々のテンションを一気に引き上げるだろう。

と色々頑張って書いたけど、聴いてね。言葉にしにくい初期衝動的な良さがあるから。これだから新譜パトロールはやめられないな。

TOP ▲