駄目人間逹 の Wall Of Death

鬱患者の駄目人間が好きな音楽のコトをダラダラ綴るブログ

Progressive Metal

H.U.C. / MAESTRICK もっと売れて欲しい

日本ではまだだ知名度が低いけど、高い技術と素晴らしい音楽性を兼ね備えたバンドを紹介する。ブラジルのバンドでこの曲は2004年のデビュー盤から。つまりかなりのキャリアがあるバンドなんだよね。ついさき頃、遂に日本デビューとなった2ndアルバムが発表さ…

Physical Education / ANIMALS AS LEADERS 我が世 誰ぞ 常ならむ

久しぶりの変態音楽ね。変態音楽については、以前の記事で思っているコトをしっかりかけたような気がする。変態という単語が持つある種の異常性は、必ずしも「望ましくない異常さ」とは限らない。常ならむコトを「無条件に望ましくない印象で捉える」のは、…

Panophobia / THE AGONIST アリッサ・アリッサ・アリッサ

アリッサ。ミュージシャンとしてだけではなく、色々な魅力をふりまく女性だと思う。ARCH ENEMYへの参加は彼女にとって明らかにキャリア・アップにつながったと思うけど、彼女の魅力はARCH ENEMYだから発揮された、のではない。前バンド参加時に、とっくに、…

Blackend / METALILCA 低音をください

‪名曲を紹介する。わたしのメタル体験にとってMETALLICAは存在感があり過ぎて、もう好きとか嫌いとか語るのも無意味になりつつある。彼らの音楽を技術論やカテゴライズで語るコトが、わたしにはもうできない。なんとでもいえるし、なんだともいえない、って…

Two-Pound Torch / CRYPTOPSY 変態系テクニカル・エクストリーム

このバンド、だ。わたしが変態系エクストリーム・ミュージックで一番好きなグループだ。クリプトプシーって読むんだよ。昔は読み方さえ分らなかったから、半信半疑でそう呼んでいたものだ。このグループ、メンバー全員がくまなく変態で、それも生半なレベル…

Golden Cufflinks / SIKTH スリリングな音楽体験

わたしの変態音楽趣味は、このバンドによって2000年を迎えるコトができた、と思っている。といっても、彼らも音楽はもはや随分とマイルドになっていて、最新作聴くとむしろポップな印象さえ持てるほどに角がとれている。それでもなかなかに個性的な音世界を…

CAFO / ANIMALS AS LEADERS 3人寄れば変態の創造

変態音楽、って呼んでいる音楽的ジャンルがある。わたしがそう呼んでいるだけなんだけど、割とHR/HM界隈では通じる言葉じゃないかな。古くはプログレッシヴ・ロックの誕生期から表面化したシーン、じゃないかなと思う。クラシック界隈でいえば、現代音楽とか…

Mikasa / VEIL OF MAYA エモいヤツ

新興エモ勢の中ではかなり好きなグループが彼ら。Aメロはグロウルやシャウトでサビに突然メロディを歌うという形式ももはやテンプレートだけど、演奏の中にキラリと光るプレイにはメタルの魂を感じる。テクニカルな演奏も、安定感あって気持ちいいな。わたし…

TOP ▲