駄目人間逹 の Wall Of Death

鬱患者の駄目人間が好きな音楽のコトをダラダラ綴るブログ

Modern Heaviness

Hooligan's Holiday / Mötley Crüe 陰鬱さへの挑戦

彼らのキャリア中、ヴォーカリストを替えて制作されたアルバムが1枚だけある。それがこの自身のバンド名を冠したアルバム「Mötley Crüe」だ。このアルバムを発表する前に、それまでフロントマンとして活躍してきたヴィンス・ニールがまさかの脱退、ソロ・プ…

Walk / PANTERA 人生はワン・ツー・パンチ

続けてPANTERA。Vulgar Display Of Powerはまだまだ名曲がある。この曲はモダン・ヘヴィネス的名曲じゃないかな。通称「行進曲」。この曲をLIVEでプレイされたらサークル・モッシュのスロー・バージョンが捗りそうだよね。ザクザクと硬く重たいリズムが超カ…

Mouth For War / 1990年代のメタル突破口

さて、PANTERAについてもう少し知っておいてもらおうと思う。彼らは元々LAメタルみたいな音楽性だったところを、ある時完全に見切りをつけてガラリと方向転換をした結果、シーン全体を牽引するようなビッグ・バンドにのし上がった、珍しい経歴をもっている。…

The Jonestown Mind / THE ALMIGHTY 巡り巡ってTHIN LIZZY

このバンドも、実力に応じた正当評価を得られなかったバンドの一つだと思う。THE ALMIGHTYは、今思えばどうしてブレイクしなかったのかまったく理解できない。敢えていうならちょっとだけ時代が早かったのか。パンキッシュでストレートな楽曲に、メタル然と…

Roots Bloody Roots / SEPULTURA 2ndインパクトとして

ブラジルのメタルで彼らを外すワケにもいかず紹介する。SEPULTURAだ。読みにくいよね、セパルトゥラ、まあ「セパ」でいいよ。6thアルバムの本作からタイトル・トラックをピックアップしてみた。彼らの作品が最初の完成に達したのはこのアルバムの2枚前、4th…

5 Minutes Alone / PANTERA ダレルのギターが地平を切り開いていた

PANTERAは随分と前に解散しているバンドだ。そして再結成はありえない。何故なら、オリジナル・メンバーであるギタリストの、ダイムバック・ダレルが既に他界しているから。彼はPANTERA解散後に結成したDAMAGE PLANというバンドでのLIVE中ステージ上で、ファ…

TOP ▲