駄目人間逹 の Wall Of Death

鬱患者の駄目人間が好きな音楽のコトをダラダラ綴るブログ

Death Metal

The Somberlain / DISSECTION わたしの黒い入り口

ブラック・メタルの伝説的バンドを紹介しておこうと思う。わたしがブラック・メタルという単語を意識したのは、このバンドが最初、この曲を耳にしたコトがきっかけだった。憂いを帯びた扇情的なギター・リフが印象的で、最初はネオ・クラかな?なんて勘違い…

Wait And Bleed / SLIPKNOT クレバーなやり口に痺れる

思い出したように、SLIPKNOTの1stからの超人気曲を紹介しておく。彼らのデビュー当時、その強烈なインパクトを経験しなかった人々に、正しくその時の様を伝えるのはとても難しい。なにせ、例えようがないのだから。エクストリーム・ミュージックがそれまで一…

Nemesis / ARCH ENEMY 6thのアタリ曲

アンジェラ時代の人気曲から。出頭からトップ・スピードで走り出す感じがクール。アンジェラも超テンション高いよね。Aメロのヘヴィ・パートと、間奏パートにおけるスピード感の対比がマイケルらしいアレンジでカッコいいと思う。でサビ哀愁メロディ突入の流…

Unfit For Human Consumption / CARCASS やっぱドラムいいとイイな

でおもむろにデス・メタルに戻る。グランジやオルタナはまだまだ好きな曲があるので、どのみちまた紹介してしまうと思う。さてデス・メタルという単語の意味する世界観が広くなりすぎて、もうなんでもデス・メタルなんじゃないか、なんて思う昨今、本来的な…

Arise / SEPULTURA ギリギリのヘッド・バンギング

以前にも紹介したSEPULTURAの最初のヒット・アルバムからリーダー・トラックのこの曲を紹介してみる。このアルバムは1991年発表の4thで、バンドとしての音楽的方向がもうスラッシュ方面にカッチリ固まった状態での制作だったコトもあってか、全3作に比べて格…

Roots Bloody Roots / SEPULTURA 2ndインパクトとして

ブラジルのメタルで彼らを外すワケにもいかず紹介する。SEPULTURAだ。読みにくいよね、セパルトゥラ、まあ「セパ」でいいよ。6thアルバムの本作からタイトル・トラックをピックアップしてみた。彼らの作品が最初の完成に達したのはこのアルバムの2枚前、4th…

Two-Pound Torch / CRYPTOPSY 変態系テクニカル・エクストリーム

このバンド、だ。わたしが変態系エクストリーム・ミュージックで一番好きなグループだ。クリプトプシーって読むんだよ。昔は読み方さえ分らなかったから、半信半疑でそう呼んでいたものだ。このグループ、メンバー全員がくまなく変態で、それも生半なレベル…

Left Behind / SLIPKNOT 商業的ブルータリティの金字塔

さて。 2000年代以降のメタル界隈を語る上でどうしても外せないのが彼ら。メジャーデビューはギリギリ1999年なんだけど、2000年代以降のヘヴィ・メタル・シーンは、正にSLIPKNOTによって切り開かれたといっていいと思う。こんなにヘヴィでノイジーな音楽がメ…

TOP ▲